モノワスレ

ブログに書いて忘れましょう

Grinder 負荷検証メモ

適当なWebサーバーを立てて、Grinderを使って負荷をかけていってみます。*1

  1. 1秒あたりのアクセス数を増やす

→ Mean Time が ある程度まで伸びずに推移する。
  ある程度まで行くと Mean Time が伸びなくなる。
  もう少し行くと Error が出始める。
  という予想。

Grinder Console Resultsタブの意味

Resultsタブの意味を書いておきます。

Test テストスクリプトで指定されたテストナンバー
Description テストスクリプト中のTestメソッドで指定したコメント
Successful Tests 成功したテストの合計数
Errors 失敗したテストの合計数
Mean Time テスト実行に要した平均時間(ミリ秒)
Mean Time Standard Deviation テスト実行に要した偏差時間(ミリ秒)
TPS 秒当たりのトランザクション
Peak TPS 秒あたりのピークのトランザクション

設定内容

1プロセス増加につき10スレッド増加する設定。
Intervalは適当に30秒くらい。

grinder.processes=100
grinder.threads=10
grinder.runs=0
grinder.processIncrement=1
grinder.processIncrementInterval=30000
grinder.initialProcesses=1
grinder.initialSleepTime=3000
grinder.sleepTimeVariation=0.1
  • スレッド数 20

  • スレッド数 30

  • スレッド数 40

  • スレッド数 50

  • スレッド数 60


この辺でもう無理っぽい

エラーログ内容

デフォルトの設定だと、Grinderインストールディレクトリに、[error-マシン名-スレッドNo.log]が出力されている。
0番目のログが1番長く活動しているので、これを見てみる。

Caused by: java.net.ConnectException: Connection refused: connect

こんなログが時間を経過するごとに増えて行っている。

*1:ほっとくとレスポンスが悪化するか?とかは、またそのうち…。